瓦を磨く童子

南嶽いはく、「坐禪豈に作佛を得んや」(瓦を磨く童子像:籔内佐斗司作)


 今月の祖録 三祖大師信心銘 3

有縁を逐うこと莫れ、空忍に住すること勿れ、
一種平懷なれば、泯然として自から盡く。
動を止めて止に歸すれば、止更に彌よ動ず、
唯兩邊に滯らば、寧ろ一種を知らんや。

 原因や結果を追ってもどうにもならない、だからといって放っておいてもいけない。本来のことはふだんそのままのことだから、縁も空もおのずからその中に尽きるのだ。動をやめて静に就こうとしても、静がますます動じることになってしまう。動だとか静だとか二見こだわっていてはどうして本来のことを知ることができようか。

 今月の公案 無門關

第11則 州勘庵主

 趙州、一庵主の處に到って問う、「有りや有りや。」主、拳頭を竪起す。州云く、「水淺うして是れ船を泊する處にあらず。」便ち行く。又た一庵主の處に到って云く、「有りや有りや。」主、亦た拳頭を竪起す。州云く、「能縱能奪、能殺能活。」便ち作禮す。

 無門曰く、「一般に拳頭を竪起す、甚麼としてか一箇を肯い、一箇を肯わざる。且く道え、誵訛甚れの處にか在る。若し者裏に向って一轉語を下し得ば、便ち趙州の舌頭に骨無きことを見て、扶起放倒、大自在なるを得ん。是の如くなりと雖然も、爭奈せん趙州却って二庵主に勘破せらるることを。若し二庵主に優劣有りと道わば、未だ參學の眼を具せず。若し優劣無しと道うも、亦た未だ參學の眼を具せず。」

 頌に曰く、眼は流星、機は掣電。殺人の刀、活人の劒。

永嘉大師證道歌(PDF 2013/03/11版)
三祖大師信心銘(PDF 2010/05/03版)
從 容 録(PDF 2012/02/21版)


Get Adobe Reader
Acrobat Reader Download



  ≪ 告 報 ≫    

次回の月例坐禪会の日程は12月10日です。平成29年9月から「正法眼藏・山水經」(岩波文庫2)
 を提唱します。

次の攝心の日程は12月9-10日です。
攝心の記事(「企業と人材」鷹取澄 1999/07/05 PDF)

次回の夜坐の日程は11月25日です。 平成29年7月から「無門關」を提唱します。
 午後6時15分までに到着して坐禪堂玄關よりお入り下さい。
松門寺の坐禪会に初めて参加される方は月例會6人までの予約制です。
 現在の予約状況は以下の通りです。メールに氏名、郵便番号、住所、電話、年齢、男女別を記入して
 前日までに申し込んでください。予約確認メールを送付します。
坐禪會日程
新規参加予約定員
現在予約人数
  
12月10日(14:00)月例会
6名
0名
新規参加は13:30集合


現在栃木県鹿沼市の瑞光寺にて眼藏會(不定期)を開いています。在家の方は參加できませんが、
 出家の方で參加したい方は下記にお問い合わせ下さい。

次回  平成29年11月28日(火、友引)午後1時から4時 正法眼藏行持 上

 栃木県鹿沼市玉田町748 瑞光寺
平成30年1月よりNHK文化センター八王子に「佛教入門と坐禅」の講座を受持つことになりました。
 詳しくはNHK文化センター八王子にお問い合わせ下さい。

問い合わせ、質問などはjushoku@shomonji.or.jpまで連絡して下さい。

〒192-0914 東京都八王子市片倉町212番地 松門寺
TEL 042-635-1363

(2017年11月13日更新)