瓦を磨く童子

南嶽いはく、「坐禪豈に作佛を得んや」(瓦を磨く童子像:籔内佐斗司作)


 今月の祖録 三祖大師信心銘 16

宗は促延に非ず、一念萬年、
在と不在と無く、十方目前。
極小は大に同じく、境界を忘絶す、
極大は小に同じく、邊表を見ず。

 ほんとうのことは時間の長い短いではなく、たったいまの様子は永遠にも通じている。在るとか無いとか言う以前にこの世界は目の前だ。小さいとか大きいとか言っても境目などはとっくになくなってしまっている。大きくたって小さいものと同じように誰もすがたを見たことがない。。

 今月の公案 無門關

第23則 不思善惡

 六祖、因みに明上座趁うて大庾嶺に至る。祖、明の至るを見て、即ち衣鉢を石上に擲って云く、「此の衣は信を表わす、力をもて爭うべけんや、君が將ち去るに任す。」明、遂に之を擧ぐるに、山の如くに動ぜず。踟蹰悚慄す。明曰く、「我は來って法を求む、衣の爲めにするに非らず。願わくは行者開示したまえ。」祖云く、「不思善、不思惡、正與麼の時、那箇か是れ明上座が本來の面目。」明、當下に大悟し、遍体汗流る。泣涙作禮し、問うて曰く、「上來の密語密意の外、還って更に意旨有りや否や。」祖曰く、「我、今汝が爲めに説く者は、即ち密に非ず。汝若し自己の面目を返照すれば、密は却って汝が邊に在らん。」明云く、「某甲、黄梅に在って衆に隨うと雖も、實に未だ自己の面目を省せず。今入處を指授することを蒙って、人の水を飲んで冷暖自知するが如し。今行者は即ち是れ某甲の師なり。」祖云く、「汝若し是の如くんば、則ち吾、汝と同じく黄梅を師とせん、善く自から護持せよ。」

永嘉大師證道歌(PDF 2013/03/11版)
三祖大師信心銘(PDF 2010/05/03版)
從 容 録(PDF 2012/02/21版)


Get Adobe Reader
Acrobat Reader Download



  ≪ 告 報 ≫    

次回の月例坐禪会の日程は1月13日です。平成30年9月から「正法眼藏・大悟」(岩波文庫1)
 を提唱します。

次の攝心の日程は5月11,12日の豫定です。
攝心の記事(「企業と人材」鷹取澄 1999/07/05 PDF)

次回の夜坐の日程は12月22日です。 平成29年7月から「無門關」を提唱します。
 午後6時15分までに到着して坐禪堂玄關よりお入り下さい。
松門寺の坐禪会に初めて参加される方は月例會6人までの予約制です。
 現在の予約状況は以下の通りです。メールに氏名、郵便番号、住所、電話、年齢、男女別を記入して
 前日までに申し込んでください。予約確認メールを送付します。
坐禪會日程
新規参加予約定員
現在予約人数
  
1月13日(14:00)月例会
6名
0名
新規参加は13:30集合


現在栃木県鹿沼市の瑞光寺にて眼藏會(不定期)を開いています。在家の方は參加できませんが、
 出家の方で參加したい方は下記にお問い合わせ下さい。

次回  平成31年未定(友引) 13:00-16:00

 栃木県鹿沼市玉田町748 瑞光寺
平成30年4月よりNHK文化センター八王子に「佛教入門と坐禅」の講座を受持つことになりました。
 詳しくはNHK文化センター八王子にお問い合わせ下さい。

問い合わせ、質問などはjushoku@shomonji.or.jpまで連絡して下さい。

〒192-0914 東京都八王子市片倉町212番地 松門寺
TEL 042-635-1363

(2018年12月10日更新)