瓦を磨く童子

南嶽いはく、「坐禪豈に作佛を得んや」(瓦を磨く童子像:籔内佐斗司作)


 拈 提

狗子は池月に咆え 猫兒は指頭を弄ぶ
正恁麼の時 試みに擧す看ん

如何なるか是れ本來底

一言月を呑却し 一句指を斬却す



提唱のテキスト


 大智禪師偈頌 佛誕生

閻浮八萬四千城
不動干戈致太平
活捉瞿曇白拈賊
雲門一棒不虚行

閻浮八萬四千城、
干戈を動ぜず太平を致す。
瞿曇の白拈賊を活捉して、
雲門の一棒、虚りに行ぜず



提唱のテキスト


 今月の公案 從容録

第2則 達磨廓然

 擧す。梁の武帝、達磨大師に問う、如何なるか是れ聖諦第一義。磨云く、廓然無聖。帝云く、朕に對する者は誰そ。磨云く、不識。帝契わず。遂に江を渡って少林に至って面壁九年。
 頌に云く、
廓然無聖、來機逕庭。得は鼻を犯すに非ずして斤を揮い、失は頭を廻らさずして甑を墮す。
寥寥として少林に冷座し、默默として正令を全提す。秋淸うして月霜輪を轉じ、河淡うして斗夜柄を垂る。
繩繩として衣鉢兒孫に付す、此れより人天藥病と成る。
栃木県雄山寺江湖會における從容録の提唱

永嘉大師證道歌(PDF 2013/03/11版)
三祖大師信心銘(PDF 2010/05/03版)
從 容 録(PDF 2012/02/21版)

Get Adobe Reader


  ≪ 告 報 ≫ 

次回の月例坐禪会の日程は8月9日です。令和2年8月から「正法眼藏・現成公案」(岩波文庫1)
 を提唱します。

次の攝心の日程は未定です。
攝心の記事(「企業と人材」鷹取澄 1999/07/05 PDF)

次回の夜坐の日程は8月22日です。平成29年7月から「無門關」を提唱します。
 午後6時15分までに到着して坐禪堂玄關よりお入り下さい。

松門寺の坐禪会に初めて参加される方は月例會6人までの予約制です。
 現在の予約状況は以下の通りです。メールに氏名、郵便番号、住所、電話、年齢、男女別を記入して
 前日までに申し込んでください。予約確認メールを送付します。
坐禪會日程
新規参加予約定員
現在予約人数
  
8月9日(日曜日)
6名
1名
新規参加は13:30集合

日々の坐禪はしばらくの間、お休みします。

現在栃木県鹿沼市の瑞光寺にて眼藏會(不定期)を開いています。在家の方は參加できませんが、
 出家の方で參加したい方は下記にお問い合わせ下さい。

次回  未定(友引) 13:00-16:00

 栃木県鹿沼市玉田町748 瑞光寺

問い合わせ、質問などはこちらまで連絡して下さい。

〒192-0914 東京都八王子市片倉町212番地 松門寺
TEL 042-635-1363

(2020年6月20日更新)