瓦を磨く童子

南嶽いはく、「坐禪豈に作佛を得んや」(瓦を磨く童子像:籔内佐斗司作)


 今月の祖録 永嘉大師證道歌 2

法身覺了すれば無一物、
本源自性天眞佛。
五陰の浮雲は空去來、
三毒の水泡は虚出沒。

 佛の身を悟り切ってみれば私たちが元来所有しているものは何もないということに気付く。もともとの自分自身のありようこそが本来の佛なのである。しかし(悟ったからといって)この世界や心の働きが無くなったわけではなく浮雲のように行ったり来たりしているし、貪瞋痴の煩悩も水の泡のごとく出没している。

今月誤って證道歌のお話をしてしまいました。先月から信心銘に戻ってお話しいたします。御諒承願います。

 今月の公案 無門關

第9則 大通智勝

 興陽の讓和尚、因みに僧問う、「大通智勝佛、十劫坐道場、佛法不現前、不得成佛道の時如何。」讓曰く、「其の問甚だ諦當なり。」僧云く、「既に是れ坐道場、甚麼としてか不得成佛道なる。」讓曰く、「伊が不成佛なるが爲めなり。」

 無門曰く、「只だ老胡の知を許して老胡の會を許さず。凡夫若し知らば即ち是れ聖人、聖人若し會せば即ち是れ凡夫。」

 頌に曰く、身を了ずるは、心を了じて休するに何似ぞや。心を了得すれば、身は愁えず。
若也心身倶に了了ならば、神仙何ぞ必ずしも更に封ぜん。

永嘉大師證道歌(PDF 2013/03/11版)
三祖大師信心銘(PDF 2010/05/03版)
從 容 録(PDF 2012/02/21版)


Get Adobe Reader
Acrobat Reader Download



  ≪ 告 報 ≫    

次回の月例坐禪会の日程は10月8日です。平成29年9月から「正法眼藏・山水經」(岩波文庫2)
 を提唱します。

次の攝心の日程は未定です。
攝心の記事(「企業と人材」鷹取澄 1999/07/05 PDF)

次回の夜坐の日程は9月23日です。 平成29年7月から「無門關」を提唱します。
 午後6時15分までに到着して坐禪堂玄關よりお入り下さい。
松門寺の坐禪会に初めて参加される方は月例會6人までの予約制です。
 現在の予約状況は以下の通りです。メールに氏名、郵便番号、住所、電話、年齢、男女別を記入して
 前日までに申し込んでください。予約確認メールを送付します。
坐禪會日程
新規参加予約定員
現在予約人数
  
10月8日(14:00)月例会
6名
2名
新規参加は13:30集合


現在栃木県鹿沼市の瑞光寺にて眼藏會(不定期)を開いています。在家の方は參加できませんが、
 出家の方で參加したい方は下記にお問い合わせ下さい。

次回  平成29年日時未定(友引)午後1時から4時 正法眼藏行持 上

 栃木県鹿沼市玉田町748 瑞光寺

問い合わせ、質問などはjushoku@shomonji.or.jpまで連絡して下さい。

〒192-0914 東京都八王子市片倉町212番地 松門寺
TEL 042-635-1363

(2017年9月10日更新)